愛猫が皮膚病にかかってしまう前にするべきこと

ペットフード

犬の健康を守りましょう

通販でのドッグフード選びは、口コミなどの評価に左右されがちです。ペットの年齢や栄養面でのバランスをきちんとチェックして、ワンちゃんのためにかしこく選びましょう。そうすれば、肥満や病気のリスクを下げ、いつまでも元気でいてくれることでしょう。

飼い主とペット

良いブリーダーを探す

チワワを購入するときにはチワワを専門的に扱っているブリーダーを選ぶことがおすすめです。犬種標準に近づけるためにしっかりとしつけを行いながら健康管理もしています。購入した後もいろいろな相談に乗ってくれます。

ペットの皮膚のトラブル

猫

皮膚の病気の対応方法

皮膚病といっても猫の場合はいろいろ種類があります。その病名によって原因や症状、治療方法も異なるのです。しかしながら比較的よくある原因としては、ノミやダニといった皮膚に付着する虫によるものや、細菌やカビなどが原因のもの、アレルギーなどがあります。これらの中でもとくに虫が原因の皮膚病は有名で、猫が身体を妙に噛むような場合は、これが原因である可能性が高いです。この場合は毛をかき分けて赤い発疹が見られたならノミやダニの仕業なので、駆除が必要となります。軽度なら市販薬でも対応可能です。しかし、症状が酷い場合や虫の数が多い場合などは、病院で適切な処置を受けた方が安全です。またこういった虫は猫によってはアレルギーの原因になる場合もありますが、アレルギーならばかゆみだけでなく大量の毛が抜けるなどの症状がみられます。ちなみにアレルギーは食べ物などで発症することもあります。この場合もかゆみや皮膚が赤くなるといった特徴が見られます。主な対処としてはまずはアレルギーの原因を知ることが大切です。原因が分かったならそれを避けるようにしてあげましょう。そして細菌およびカビなどが原因の場合もやはりかゆみの症状が出ますが、それだけでなく抜け毛やニキビのような赤みなども見られます。また、大量にフケが出るといったケースもよくあります。こちらも市販薬を使用するという方法もありますが、より効果的かつ早期に完治が期待できるのは病院で薬を処方してもらうことです。猫の皮膚病の場合は応急処置として市販薬を利用するのも良いでしょう。しかし、より早く皮膚病を治して猫を苦しめないためには、病院を受診した方が無難です。